雨漏り修理の大切さについて~マイホームを水漏れから守れ~
雨漏り修理は専門的な業者に依頼した方が最適
漏電を起こさないために防水工事を行なおう
業者の人が来る前に自分でできる処置方法

雨漏りは迅速・的確な応急処置で漏電を防げる

雨漏り修理の前の応急処置~緊急時に役立つ対策~

急な雨漏りが起きてしまうと、家財や床、テレビなどが濡れてしまうことがあります。家電製品が濡れてしまうと漏電になることもあります。しかし、業者の人が来るまで応急処置で対処していれば、漏電を防ぐことができます。

自分で出来る!雨漏り修理するまでの応急処置

ブルーシートを使う(38歳/男性/会社員)

市販のブルーシートで水漏れをしている個所に敷くことができますし、天井の穴を覆って対処することができますよ。ブルーシートであれば急な雨漏りでも早急に処置できます。応急処置として活用できるブルーシートは、ホームセンターなどで販売されているのでオススメです。

受け皿を用意する (40歳/女性/主婦)

天井から雨漏りしていたときは、受け皿でその場をしのぎました。雨漏りをそのままにしていると畳や床が濡れて腐ってしまうので苦肉の策でしたね。しかし、受け皿で対処していれば、とりあえずは床の浸食を防ぐことができます。

防水テープで侵入口をふさぐ (35歳/男性/自営業)

雨漏りの応急処置をするんだったら防水テープが効果的ですよ。防水テープは、水が漏れてくる箇所を防ぐことで浸食を防ぐことができます。防水テープだけでなくブルーシートを一緒に雨漏りをしているところに被せておけば、さらに効果的です!

まとめ

雨漏り修理業者が現場に到着するまで何もせずに待ってしまうと、部屋や自身が濡れてしまいます。建物内部が腐食する原因になるため、紹介した応急処置を活用して被害を最小限に抑えましょう。家具や書類が濡れること、家電による漏電などを防ぐために、自分でできる処置を行なうと安心です。

業者に任せることも可能

素人が雨漏りの応急処置をするより、屋根の仕組みなどを熟知した雨漏り修理のプロに任せた方が安全です。的外れな応急処置や雨漏り修理は行ないませんし、ケガをするといったリスクを軽減できます。また、業者に依頼する方が費用が安く済むということもあるのです。雨漏りの状態によっては修理が必要になることがあるので、応急処置してもらうだけでなく原因を調査してもらいましょう。

TOPボタン