雨漏り修理の大切さについて~マイホームを水漏れから守れ~
雨漏り修理は専門的な業者に依頼した方が最適
漏電を起こさないために防水工事を行なおう
業者の人が来る前に自分でできる処置方法

専門業者が行なっている雨漏り修理について

防水工事で雨漏りや漏電とは無縁な住宅にする

雨漏りは屋上やベランダ、外壁など至るところから起きてしまいます。雨漏りの症状が見られるのであれば、防水工事を行なう必要があります。防水工事を行なうことで、雨漏りや漏電などのトラブルが起きることはありません。

防水工事の種類

ウレタン防水工事
ウレタン防水工事は、他の工事方法と比べると低予算で施工できるといった魅力があります。定期的に塗り替えてメンテナンスをしなければなりませんが、低予算で雨漏り修理を実施したい人には最適な工事方法です。
シート防水工事
屋上など下地に防水工事シートを、接着剤で貼り付けることによって、防水性を高めることができます。シート防水工事に使用されるシートにはいくつか種類があり、耐久性、防水性に違いがあります。工事期間を短くしたいなどの希望がある方に最適な工事方法です。
FRP防水工事
FRP防水工事は、ガラス繊維で補強されている耐久性や対候性などに優れています。木材が雨漏りによることが原因で腐食することはなく、防水工事に最適な施工方法になります。FRP防水工事を行なうことで、雨漏りによる漏電を防いでくれます。

まとめ

雨漏りによる漏電を防ぐために修理を依頼しようと検討しているのであれば、目的や住まいに合わせて工法を選ぶようにしましょう。住まいや目的によって施工方法が違うので、一度対応している業者に相談してみて、適した工法で修理してもらいましょう。

防水効果を長持ちさせるには

家の模型と男性

建築物の防水層は、屋上やベランダなどに施工されています。そのため、常に紫外線や雨水、風、寒暖などに晒されている状態になります。月日が経過してしまうと次第にどんどん劣化してしまい機能が低下するため、雨漏りを引き起こしてしまいます。防水機能を長く維持するためにも、定期的なメンテナンスが必要です。



TOPボタン